臨床検査技師の転職 おすすめ転職エージェント

臨床検査技師の転職をお考えで求人・募集をお探しの方向けに情報を掲載。

臨床検査技師 転職時の志望動機の作り方

転職時は志望動機が大切です

臨床検査技師(MT)として他の病院へ転職したい

転職先としては何も病院に限りませんから、企業への転職活動を展開されている方もいらっしゃるでしょう。いずれの場合においても、転職理由・志望動機はとても重要ですよね。

履歴書を書き、職務経歴書を作成し応募する。その際に多くの臨床検査技師の方が迷うのが、志望動機だと言われます。

どんな志望動機を書けば採用担当者に響くのか。
転職を希望していることが伝わりやすいのか。

志望動機だけで採用、不採用が決まるわけではないのですが、採否に関して重要な部分である事には間違いありません。

では、どんな部分に注意して志望動機を作れば良いのでしょうか。

志望動機 準備のポイント

伝わりやすい志望動機を作るためには、応募先となる病院、企業についてどれだけ調べて理解しているかがとても重要となります。

「その病院(企業)臨床検査技師としてどうして転職を希望し、採用された後にはどんな仕事をしたいのか」と言うことが伝わるような内容で志望動機をまとめる必要があります。

その際に重要なのが応募者の立場ではありますが、採用する方が知りたい事を想像してみるということ。

やはり、しっかりと病院(企業)について調べている応募者に関しては、評価は高くなりやすいです。そのため、使い回しが出来そうな志望動機と言うのは、評価されにくいです。これはどの業種、職種でもそうですよね。

「応募先をしっかり調べて理解し、その上でこうした理由で志望し、採用後にはこんな仕事をして貢献したい」

志望動機の書き方としては、これが基本となります。ですから、例文、サンプルがあったとしても書き方の参考程度にして、内容は自分自身の言葉で最初は書くようにしてみてください

まず書くこと。推敲はいくらでも出来ますから、自分自身の言葉で志望動機を作っていくことが大切です。

病院(企業)を研究する

転職を希望する病院や企業が見つかったら、同業他社も調べる事が重要です。

どの病院にも特徴があります。地域医療の発展などのために力を入れている事もあるでしょうし、特に最新医療の導入に力を入れている所もあるでしょう。

救急対応に力を入れている病院もあるかもしれません。どんな救急患者さんも断らずに受け入れようと努力している病院である、など特徴を見つけましょう。

他の病院と比べて、その病院が力を入れている所を見つけて、そこに自分の志望動機ややりたい仕事がリンクしている事を説明すると、やはり興味は持ってもらいやすいでしょう。

この応募者が他の応募者よりもしっかりうちのことを調べている、と思ってもらえると、より採用に繋がりやすくなります。