臨床検査技師の転職 おすすめ転職エージェント

臨床検査技師の転職をお考えで求人・募集をお探しの方向けに情報を掲載。

臨床検査技師の転職 オススメの時期

臨床検査技師転職 良い時期ってあるの?

臨床検査技師の転職理由としてよく挙げられるものに、

といった事などが挙げられますが、転職を意識し始めたら「すぐにでも良い職場があれば移りたい!」と気持ちが動いてしまう方も少なく無いのでは、と思います。

でもちょっと、待ってください。臨床検査技師の転職に限りませんが、転職を成功させる大きなポイントとして、

「時期・タイミング」

があります。

一年を通して見ていくと、退職者が増える時期、つまり病院など医療施設が検査技師を含めて人材採用に積極的な時期(求人数が増える時期)もあれば、退職者が少なく、かつ求人数も少ない転職にはあまり向かない時期もあります。

人手が足りない病院、施設によってはどうしても早く臨床検査技師を採用しなければならない、業務に支障が出てしまう、といった事情があれば交渉などもしやすいですし、場合によっては給与を当初よりも上げて求人への応募を増やそうとするかもしれません。

退職者が増える時期としては、

があります。

臨床検査技師の転職活動、6月、7月頃がオススメです

例えば、夏のボーナスは6月に支給される事が多いと思いますが、ボーナス支給後に退職の相談が増えるのはどの業界も一緒です。

「せっかく働いてきたんだから、貰うもの(賞与)をもらったら辞めたい」

基本給の2ヶ月~2.5ヶ月など、まとめて振り込まれるボーナス、支給される前に退職するのは勿体ないですよね。ボーナス支給日に在職していること、といった条件があるのが通常ですからね。

またこの時期は例年、病院としても退職者が増える時期となりますので、見越して求人を出している事が多いですね。求人が増える時期、となっているのです。

臨床検査技師だけではなく、看護師、薬剤師なども含めて中途採用を積極的に行う時期となりますから、転職活動をするには良い時期と言えるのですね。

ボーナスをもらってから退職したい、という臨床検査技師の方の転職スタートのタイミングですが、「ゴールデンウィーク明け~6月上旬」が多くなります。

求人自体は7月くらいまで欠員募集のために掲載が多くなっていますから、転職にはまだ良い時期と言えます。

8月に入りますとお盆もありますし、採用自体も落ち着いて来ますから求人がグッと減る時期になってきます。この時期までかかってしまうのであれば、次の退職タイミングとして冬のボーナス支給後、を考えると良いかもしれません。

9月、10月頃からはまた求人数が増え始める時期となってきます。

求人が増える時期は、好条件・高待遇の施設からの臨床検査技師求人も増える傾向があります。また、普段は中途採用をしない、人気の病院などからの求人が出てくる事もあります。

こうした病院は非公開求人である事も多いですから、人材紹介会社を利用して求人探しをされる方法がオススメです。

「エコーをやりたいので、エコーが出来る病院からの臨床検査技師求人を優先して知りたい」といった希望条件などに沿って、求人紹介をしてもらう事が出来ます。

臨床検査技師の求人を見つける! オススメ転職サイト

でメディカル業界の転職支援に強い転職エージェントなどをご紹介しています。非公開求人が多い業界でもありますので、こうした転職エージェントなどの利用は欠かせないと言えますね。

良い求人があれば、という情報収集からの利用も問題ありません。転職をお考えの場合には、こうした臨床検査技師の求人も所有している転職エージェントの活用をオススメしたいと思います。

転職活動にかかる期間、逆算して転職活動をスタートすることが重要

転職活動には通常、1ヶ月~2ヶ月くらいを見ておく必要があります。

入職時期に関しては相談出来る場合も多いですが、退職の意思を伝えてから引き継ぎを終え、実際に退職するまで時間がかかりますよね。色々と承認をとらないといけない場合、予想外に時間が掛かったりすることもあります。

転職を希望する時期から逆算して、転職活動をスタートする時期を考えていく事が重要といえますね。

ちなみに入職のタイミングとしては9月が多いそうです。お盆明け、通常業務に戻るタイミングとしてこの時期が都合が良い施設が多いためということです。

転職をお考えになっている臨床検査技師の方は、まず求人情報のチェックから始めてみてはいかがでしょうか。