臨床検査技師の転職 おすすめ転職エージェント

臨床検査技師の転職をお考えで求人・募集をお探しの方向けに情報を掲載。

関連資格を取得する

認定資格を取得して転職を有利に

臨床検査技師の資格を持って、転職を希望する人もいるでしょう。

しかし臨床検査技師だけでは、なかなか転職先を簡単に見つけることは難しいでしょう。臨床検査技師は求人に対する応募の数が多くなっていて、特に医療機関では、飽和状態に近付いていると言えます。

臨床検査技師として就職できるチャンスを増やしたいのであれば、ほかの関連する資格を取得してみるといいでしょう。

医療の世界は、どんどん進歩をしていて、高度化とともに分業化がどんどん進んでいるところがあります。検査の世界についても同様で、どんどん細分化が進められているといわれています。

そこで臨床検査技師の世界では、本来の臨床検査技師の資格にプラスして、いろいろな認定資格というものがあります。

この認定資格を取得しておくと、転職をする時に有利に働きます。

30種類以上ある認定試験

社団法人日本衛生検査技師会のホームページをチェックすると、臨床検査技師が取得可能な認定資格は実に30種類以上に上るといわれています。

この30種類以上の認定資格の中には、特に病院で需要の高い認定資格も含まれています。

臨床検査技師が取得できる認定資格の中でも、ニーズが高いといわれているのは、細胞検査士と超音波検査士、消化器内視鏡技師といったところです。

受験資格があって、実務経験を有していることやあなたが現在勤務している病院の推薦、所定の講習会を受講するといった条件が付いてきます。

その上で、筆記試験と実技試験から構成されている試験を受験し、合格して、資格が取得できます。