臨床検査技師の転職 おすすめ転職エージェント

臨床検査技師の転職をお考えで求人・募集をお探しの方向けに情報を掲載。

資格を活かす

治験コーディネータが注目

臨床検査技師は、何も検査などでしか活躍することができない資格ではありません。ほかにもいろいろと臨床検査技師の資格を生かすことができるような職場もあります。

その中でも、臨床検査技師の間で注目されている転職先の中の一つに、治験コーディネータ(CRC)があります。

これは、別になるために特定の資格がないといけないわけではありません。逆にいえば、臨床検査技師でも、転職することは可能な職業なのです。

治験コーディネータは、新薬の臨床試験のコーディネートをするのが主要な業務ということになります。資格は必要ないとは言っても、医学や薬学といった分野の専門的な知識は、どうしても必要になります。

臨床検査技師経験が重宝

臨床検査技師の場合、臨床試験に必要な臨床の経験も持っています。このため治験コーディネータの仕事には、適性が高いという風に判断されやすいところがあるのです。

また臨床検査技師は、検査に対する知識やノウハウも持っています。

臨床試験では、新薬を参加者に飲ませ、検査をして、その数値をモニターしていきます。もしも薬の副作用などで、何らかの数値に異常が見られた場合でも、臨床検査技師であれば、その異変を素早く察知することができます。

人体は、一歩手遅れによって、重大な結果をもたらしてしまうこともあります。もしもの場合の初動に、素早く対応できるというところも、臨床検査技師が治験コーディネータの世界で重宝される理由と言えるでしょう。