臨床検査技師の転職 おすすめ転職エージェント

臨床検査技師の転職をお考えで求人・募集をお探しの方向けに情報を掲載。

現在の求人状況は?

病院の求人は飽和状態

臨床検査技師の転職先として、病院が挙げられるでしょう。病院への転職の現状ですが、正直言うと厳しい状態が続いています。その理由として、臨床検査技師の資格を持っている人が多いことが挙げられます。

約15万人程度の人が、臨床検査技師の資格を持っています。これは医療関係者の中では、看護師と薬剤師に次いで多い数なのです。このため、病院でも求人としては飽和状態にあると言えます。

大学病院や総合病院にこだわってしまうと、なかなか転職先を見つけられないかもしれません。もしどうしても病院でということになれば、少し範囲を広げてみるといいでしょう。

幅を広げて転職活動

例えば、検診センターというのが、日本中に新設され始めています。このようなところでは、臨床検査技師の募集を行っていることもあります。

検診センターで経験を積むというのも医療関係者としては、決して悪い選択とは言えないでしょう。

というのも、検査業務を中心として仕事に当たることになりますが、健康のチェックのノウハウを積むことは、病気の早期発見につなげることができます。

もしくは、予防医学というのも注目されています。病院で病気を治療するのではなく、もっとその前の段階で、病気にかからないようにすることにウエイトが置かれるようになってきています。

予防医学も、検査をすることで早期発見をすることが重要になってきます。そのノウハウをもつことは、今後、臨床検査技師としてキャリアアップにつなげることにとって、プラスになるでしょう。